法人 様 富士通一体型デスクトップパソコン 黒い画面で起動しない。 Windows8.1 データ救出(取り出し)|京都市西京区

お電話頂いた内容

法人企業様より、夜にお電話で、会社で購入のデスクトップパソコン(富士通)一体型のパソコンが起動しなくなったとご相談のお電話をいただきました。

今回のメーカーロゴは出てくるが、その後、黒い画面で先へ進まない状態になってから、ご担当者様がご自身で色々調べて、セーフモードでの起動なども試されたりもしましたが、セーフモードでも起動しない状態。

仕事でスタッフの方々がこれまで作成して、いつも使用しているワード、エクセル、パワーポイントなどの文書関係や写真などのデータのバックアップが最近取れていないものがあるので、それをどうしてもパソコンから取り出したいというご希望で、翌日にお伺いさせていただきました。

ご訪問後の作業内容

1,症状の確認

事前にお電話でお聞きした症状の確認を行いました。

2,データの確認作業

緊急時に用いるWindows環境ディスクを使用して、内蔵ハードディスク内のデータの確認が可能かどうかを調べました。

3,データの確認が出来たので、取り出し作業

内蔵ハードディスク内のフォルダ階層が確認できたので、必要なデータをお客様がお持ちのUSBメモリ数本にデータ救出。

データ量が多いのですが、外付けハードディスクをお持ちではなかったので、データを少しずつ8ギガのUSBメモリを使い、データを取っては、別のパソコンで確認していただき、別のパソコンにコピーして、またそのUSBメモリを空にして、データ救出に使うということを繰り返しました。

最終的に、起動しないパソコンの中から、お客様が必要な大切なデータをすべて取り出すことができました。

4,その後の復旧作業

富士通の診断プログラムで、内蔵ハードディスクのチェックを行った結果、内蔵ハードディスクにエラーが見つかり、ハードディスクの交換が必要でしたが、使用頻度も年数も多いので、この際、新しいパソコンに買い替えされるということで、今回は、データの取り出しだけを行わせていただきました。

 

今回の黒い画面のまま起動しないパソコンがメインでよくお使いのパソコンでしたので、仕事で使うデータを無事すべて取り出せたので、大変お喜びいただきました。

このたびは、ご依頼ありがとうございました。